正しい不動産会社選びで賢く中古物件を購入しよう

名古屋で中古住宅を購入したい方のための不動産会社ガイド

リフォームとリノベーションはここが違う

リフォームとリノベーションが違うことはわかっているものの、完全に線引きができるかといえば、難しい面があります。

リフォームとリノベーションの語源となる英単語と意味

バスルーム

リフォームという言葉は、英語のreformからきていることは間違いないでしょう。しかし、その意味は英語のreformと同じとはいえません。このことは、リノベーションにもいえることです。まずは、語源となっている英単語の意味から確認します。



reformは一般的な概念を指す

refomには改革とか改善という意味がありますが、とくに住宅を対象とした単語ではありません。改革や改善を住宅に当てはめた場合、小さな手入れから大規模な建て替え工事までが対象範囲に含まれることになります。大胆な改革です。

renovationは住宅を対象とした意味を持つ

renovationには刷新や革新とともに、住宅の改築や修復という意味があります。つまり、住宅について使う場合は、reformよりもrenovationの方が相応しいといえるのです

その範囲も、reformを住宅に当てはめた場合と変わらないといえます。むしろ、刷新という意味も含んでいる分だけ、renovationの方がカバーする範囲が広いとさえいえるでしょう。

リフォームとリノベーションは目的が違う

さて、英単語をそのままカタカナにしたのであれば、リフォームではなくリノベーションですべてをカバーできることになります。しかし、実際にはリフォームの方が広く知られており、リノベーションは比較的最近になって広まってきた言葉です。

そのため、いまでも住宅の改修や改築工事全般をリフォームと呼ぶことは珍しくありません。新築工事でなければリフォーム工事ということです。ただ、次第にリノベーションとの使い分けが話題にのぼるようになっています。

リフォームは修繕的な工事

リフォームとリノベーションを使い分ける場合、トイレやお風呂の入れ替えや、畳敷きの和室をフローリングの洋室に変更する工事、雨漏りがする屋根の葺き替え工事などは、一般にリフォームと呼ばれます

共通点は、古くなった住宅を修繕し、その部分を今風にする工事である点です。外壁塗装、システムキッチンの近代化などもリフォームと呼ばれることになります。ただ、必ずしも古くなった場合だけに行われるわけではありません。

よくあるケースとしては、賃貸物件で入居者が入れ替わるときの畳の表替えやクロスの張替えなどです。経年劣化だけでなく、使用上の問題でも不具合が起きるために行います。つまり、主に部屋本来の価値を回復させるために行われる工事がリフォームと呼ばれるものです。

リノベーションは住宅の機能を一新する

リノベーションも古くなった住宅をよみがえらせる部分においては、リフォームと同じです。しかし、リフォームと使い分ける場合は、住宅の機能を一新し、付加価値を生み出すケースで使われるのがリノベーションだといえます

たとえば、間仕切りが多く5LDKとなっている住宅を広々とした2LDKに変更するとか、玄関や水回りの場所などを変えてしまうなどです。賃貸物件や売り物件に魅力がないため入居者や買い手がつきにくいという場合に行われることもあります。

誰もが同じ意味で使っているとは限らない

簡単にいえば、古くなった住宅を本来の状態に戻すのがリフォームであり、新しい役割を持たせ価値を高めるのがリノベーションです。しかし、この2つの言葉は業者ですら曖昧な使い方をしています。

リフォームの匠が出演しているテレビ番組では、リノベーションレベルの工事であっても、リノベーションとは呼んでいないようですし、マンションの壁をぶち抜いて続きの間にするリノベーションを、リフォームと呼ぶ人も多数います。つまり、どちらの呼び方であっても、工事の中身を確認することが重要です。


名古屋で中古物件を買うならオススメの不動産会社3選
名古屋で中古物件を買うならオススメの不動産会社3選

サイトマップ