正しい不動産会社選びで賢く中古物件を購入しよう

名古屋で中古住宅を購入したい方のための不動産会社ガイド

新築と中古の違い

こちらのページでは新築物件と中古物件の違い、それぞれのメリットとデメリットについてご紹介します。

新築物件

メリット

最新の設備やセキュリティーが揃っている

なんといっても新築物件は内装のデザインや設備が最新なのが魅力的。遮音性や断熱性、耐久性などの性能面も古い物件と比較して優れています。

アフターサービスが手厚い

分譲業者によるアフターサービスや補償なども手厚く、万が一のときにも安心です。

デメリット

高価である

一番のデメリットはやはり価格。新築物件を購入すると何十年も高いローンを支払わなければいけないということも…。

事前に完成後のイメージがわからない

新築物件はモデルルームのみの内覧で契約することが多く、実際の建物や内装は完成するまで見ることができません。

実際の住環境(眺望、日当たり、風通し、騒音)が把握しづらい

こちらも完成する前に把握できない項目です。実際に完成して住んでみたら日当たりが悪い・騒音がひどいということが起きる可能性もゼロではありません。

中古物件

メリット

安価で購入できる

中古物件は当然新築物件と比較すると安価。数百万円で買えてしまう格安物件も数多くあります。その分リフォーム費用に回すことも可能です。

事前に住環境が確認できる

すでに物件が存在しているので、眺望や日当たりといった環境を十分に確認することが可能です。

管理状態や周辺住民の雰囲気がわかる

こちらもすでに物件が存在している中古物件だからこそ可能です。

リノベーションすれば自分好みの内装にできる

一番の魅力は安い価格で物件を買い、余った予算でリフォームして自分好みの内装や設備を取り入れられます。新築でしたらあらかじめ設定された内装・設備を使うことになりますし、リフォームする資金もなかなか調達できないことでしょう。

デメリット

建物が老朽化している・デザインが古い

やはり新築と比較すると建物の老朽化やデザインの古さが目立ってしまいます。

耐震性が低い場合も

地震大国日本。大震災が幾度もあり、近年耐震技術が向上してきました。しかし、少し前の建物はそれほど対策が取られていない場合も。安全性を考えると新築に軍配が上がります。

中古物件+リフォームがおすすめ

新築マンションは最新の設備が揃っていて、安全性も高いのですが、その分高価となります。また、完成してみないと実際の住環境もわかりません。

一方中古マンションは新築と比べると安全性や古さは感じますが、比較的年式が新しい物件を選べば新築と遜色ない物件を格安で手に入れることも可能です。

すでに物件が存在しているので、住環境もしっかりと確認できて、新築と比較すると環境面では後悔する確率も低くなります。

そして何より大きなメリットはリフォームすることで自分好みの住まいが手に入ることです。内装さえきれいにリフォームしてしまえば新築と変わりません。

格安で立地条件の良い物件を手に入れてリフォームすれば、好きな場所で好きな住まいを手に入れることができます。

中古物件+リフォームは十分検討する価値がある選択肢なのです。


名古屋で中古物件を買うならオススメの不動産会社3選
名古屋で中古物件を買うならオススメの不動産会社3選

サイトマップ